住宅を守る|外壁塗装や住宅のプロテクトアクション

塗装

土地の選び方

宅地の造成方法

塗装

住宅地などで宅地造成が行われる場合、基本的には現状の地形をできるだけ活かす方向で工事が進められます。土の処分費用は意外と大きな負担になりますので、宅地造成を行う場合にはできるだけ残土が出ない方法で工事を行うのです。そのため、山などの傾斜地の住宅地の場合には、ほとんどの場合、山の傾斜に沿って段々に住宅地が造成されていくことになります。土地を埋め立てる場合、土地の調達費用はそれほどかかりませんが、埋立地を十分に圧縮しないと地盤が弱くなるため、そのための費用が必要になります。いずれにしても、宅地造成はできるだけ元々の地形を活かして行うことがほとんどです。その方が、その土地本来の地盤の強度を保つことができるからです。

切土と盛土

気をつけなければならないのは、住宅地の中でもすべてが同様に宅地造成されているわけではないという点です。大きな谷を埋め立てて住宅地を造成する場合には、ほとんどの画地が同じような条件で造成されています。しかし、山のような斜面や丘を造成するような場合には、土地を削ってつくられた画地もあれば、土地を盛ってつくられた画地もあります。一般的に盛ってつくられた土地は地盤が弱いとされています。田んぼを埋め立てて造成された土地などでもそうですが、造成後に十分に寝かした土地でないと大きな荷重で沈んでしまうことがあります。その点、土地を削ってつくられた土地であれば地盤に問題がありませんので人気があります。住宅地では切土の土地を選ぶことが重要です。