住宅を守る|外壁塗装や住宅のプロテクトアクション

住宅

メニュー

家の問題の解決をする

塗装

屋根は瓦の噛み合わせなどによって雨漏りが起きてしまうこともあります。ですので、常に大切に取り扱いをして、修理をする場合についても慎重に行って住宅を守っていくように取り組むように心かけておくようにしましょう。

詳しくはこちら

土地の選び方

塗装

宅地造成には土地を削って行う場合と土地を盛って行う場合があります。土地を盛ってつくられた土地は、地盤が軟弱な恐れがありますので注意しなければなりません。地盤の強度では土地を削ってつくられた土地の方が強いですので人気があります。

詳しくはこちら

住宅はエクステリアが重要

作業員

神奈川では外構工事を専門におこなっている業者が多いため、センスの良いエクステリアを提案してくれる業者を選んで外構工事をする事が大切です。少ない予算でも工夫をする事で、おしゃれな住宅にする事ができるため、知識を持って工事をすると良いです。

詳しくはこちら

住宅の塗装について

豊富な施工例がある名古屋の塗装会社では様々な外壁塗装を行なっています。金額も比較的リーズナブルで、依頼しやすいです。

住まいの寿命を維持する外壁塗装は兵庫の業者に依頼することができますよ。住まいの美観と防水性を取り戻すことが可能です。

塗装工事の効用について

住宅

新築時にはピカピカだった住宅も、何年も住み続けていると、あちらこちらが薄汚れてきてしまいます。見た目が悪くなってしまうということ以上に問題になるのが、家の耐久性能が低下してしまうという点です。年数が経つにしたがって、外壁塗装が劣化してきてしまいます。使われている塗料の種類によって耐久年数が異なっていますが、だいたい10年に1度は外壁塗装工事を行う必要があります。その位のペースで家の外壁塗装を行うようにしておけば、家の躯体への雨水の浸透を防ぐことができるため、家を長持ちさせられるようになります。東京は大都市ですので、外壁塗装の専門業者が数多く存在しています。業者によって塗装料金に差が生じていますが、東京でごく平均的な大きさの一戸建て住宅の外壁塗装を行う場合であれば、100〜150万円前後を一応の目安にすることができます。

高性能の塗料について

家の外壁塗装に使用される塗料には、様々な種類のものがあります。現在よく使用されているのは、アクリル系、ウレタン系、フッ素系、シリコン系の4種類です。建売住宅などでは安価な割りに持ちがいいウレタン系塗料が使われているケースが多いです。フッ素系やシリコン系の塗料は値段が高いですが、その分だけ耐久年数が長くなっていますので、東京では比較的よく利用されています。また、これは東京に限らず全国的に言える傾向なのですが、高い断熱性能がある新しい塗料が使われるケースが増えてきています。かなり値段が高い塗料なのですが、この塗料を塗るだけで家の断熱性能がグッと高くなるため、冷暖房費を節約することができます。エネルギー使用量を抑えることによってCO2排出量を減らすことができるため、エコ意識の高まりと共に、今後使用されるケースが増えることが予想されます。

トータルケアを心掛けています。外壁塗装を神戸市で行なうなら、良心的な価格で最高の品質を両立しているこちらの会社がオススメですよ!